スイーツ・お菓子 , あめ・ミント・ガム , ソフトキャンディ,あずきキャラメル大箱,149g/5箱,1134円,森永,北海道産十勝あずき使用【公式通販,morinaga】,/mopishly786723.html,e-two.net,森永製菓/森永キャラメル 1134円 北海道産十勝あずき使用【公式通販 morinaga】 森永 あずきキャラメル大箱 149g/5箱 森永製菓/森永キャラメル スイーツ・お菓子 あめ・ミント・ガム ソフトキャンディ 1134円 北海道産十勝あずき使用【公式通販 morinaga】 森永 あずきキャラメル大箱 149g/5箱 森永製菓/森永キャラメル スイーツ・お菓子 あめ・ミント・ガム ソフトキャンディ スイーツ・お菓子 , あめ・ミント・ガム , ソフトキャンディ,あずきキャラメル大箱,149g/5箱,1134円,森永,北海道産十勝あずき使用【公式通販,morinaga】,/mopishly786723.html,e-two.net,森永製菓/森永キャラメル 北海道産十勝あずき使用 大幅値下げランキング 公式通販 morinaga 森永 あずきキャラメル大箱 149g 森永キャラメル 5箱 森永製菓 北海道産十勝あずき使用 大幅値下げランキング 公式通販 morinaga 森永 あずきキャラメル大箱 149g 森永キャラメル 5箱 森永製菓

お歳暮 北海道産十勝あずき使用 大幅値下げランキング 公式通販 morinaga 森永 あずきキャラメル大箱 149g 森永キャラメル 5箱 森永製菓

北海道産十勝あずき使用【公式通販 morinaga】 森永 あずきキャラメル大箱 149g/5箱 森永製菓/森永キャラメル

1134円

北海道産十勝あずき使用【公式通販 morinaga】 森永 あずきキャラメル大箱 149g/5箱 森永製菓/森永キャラメル



商品詳細
1914年発売の黄色い箱でおなじみ『森永ミルクキャラメル』で培った技術をもとに開発いたしました。北海道産十勝あずきを使用した、上品な甘さをお楽しみください。
商品名
あずきキャラメル大箱
名称
キャラメル
内容量
149g 1ケース:5個入り
原材料
水あめ、加糖練乳、砂糖、加糖脱脂練乳、植物油脂、さらしあん、小麦たんぱく、バター、食塩、黒豆エキス(大豆を含む)、ソルビトール、香料、乳化剤、アカビート色素
アレルギー
原材料に含まれるアレルギー物質(27品目中):
乳、小麦、大豆
※ピーナッツを含む製品と共通の設備で製造しています。
栄養成分表示 1粒(標準8.3g)当り
熱量/35kcal、たんぱく質/0.40g、脂質/0.82g、炭水化物/6.4g、ナトリウム/10mg
賞味期限
パッケージに記載
販売者
森永製菓株式会社
〒108-8403 東京都港区芝5-33-1

北海道産十勝あずき使用【公式通販 morinaga】 森永 あずきキャラメル大箱 149g/5箱 森永製菓/森永キャラメル

 

都道府県から病院・クリニックを探す

診療科目から病院・クリニックを探す

  • 風邪・発熱・扁桃腺炎・インフルエンザ・腹痛・下痢など

  • 風邪・発熱・扁桃腺炎・インフルエンザ・おたふくかぜなど

  • アトピー性皮膚炎・かぶれ・蕁麻疹・やけどなど

  • 子宮筋腫・子宮内膜症・性器脱・子宮頸がんなど

  • 妊娠・出産・不妊症・不育症・月経異常など

  • 矯正歯科・歯周病・小児歯科・親知らず・ホワイトニングなど

  • 慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎・耳硬化症・咽頭炎など

  • 白内障・緑内障・加齢黄斑変性・ドライアイなど

  • 骨折・打撲・捻挫・骨粗鬆症・末梢神経障害など

  • インフルエンザ・おたふくかぜ・健康診断など

日本全国のクリニック・病院を掲載しています。東京都、神奈川県、愛知県、大阪府など「都道府県から探す」、新宿駅、池袋駅、横浜駅、栄駅、梅田駅など「駅から探す」をはじめ、内科、小児科、婦人科、皮膚科、耳鼻いんこう科などの「診療科目から探す」ことも可能です。土曜診療、日曜・祝日診療や19時以降の診療、駅近、ネット受付可能な病院など、あなたの症状や要望に合った医院を探すことができます。

こだわりから病院・クリニックを探す

マイページを使えばさらに便利!

ログインすると、 マイページが使えるようになります。 受付履歴では、過去に受付した医院・病院へスムーズにネット受付することができます。

新規会員登録(無料)

医療関係者の方へ

EPARKクリニック・病院へ掲載をご検討の方はこちらからお問い合わせください。

ワクチン接種に特化した受付予約システムで業務の効率化を。ワクチン受付枠管理機能や患者データの出力機能などを搭載。​

WEB問診票の導入で患者さまの滞在時間短縮・接触感染予防、入力作業の省略による業務効率の向上に。